1996年02月29日

ガボンでのエボラ出血熱

1996/2/29日WHO発

ガボンでのエボラ出血熱

 2月27日の時点で、致命的な17例を含む24例が報告されている。
ガボンでの健康省と国際医療チームによる管理措置がこれ以上の拡散を抑えている。

 しかしながら、散発的な二次発生が予想される。ガボンとカメルーン国境のDjoumへ病気が発生したといううわさの調査のため派遣された医療チームは、エボラ出血熱と疑われる症例を見い出さなかった。同様の検索のため別のチームが2月26日にブラザビルからコンゴの北部の村へ派遣された。
posted by しまねこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新興・再興感染症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36682787
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック