1996年03月21日

クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)

1996年3月21日WHO発
 
クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)
 英国はこの数年に発病した42歳以下の10人の成人の患者を調査した。これらの患者と古典的なCJDの違いは以下の点である。

若年である(CJDは一般に高齢者の病気である)
脳における病理学的変化の違い
遺伝的素因のないこと(これらは典型的なCJDに含まれる)
 これらは牛海綿状脳症(BSE)との関連の直接的な証拠ではない。しかし、明らかな原因が不明な中で、1989年に英国内での管理措置が確立する前にBSEにさらされていたことと関連しているというのが最も近い解釈である。
 この推測は英国内で牛肉を食べることによって起こりうる危険を小さくするのに有効と考えられている。
 BSEが同じように発生したにもかかわらずアイルランド、フランス、ポルトガル、スイスでは同様なヒトの病気は見つかっていない。
 これらの国では人々を牛肉の消費による危険から避けるための予防手段がとられていた。
 WHOはもし他の国々でCJDの異常な発生を見つけたら国内の保健衛生専門家に通知することを勧告する

--------------------------------------------------------------------------------
caution.gif以上の記事は私の貧困な英語力による要約です。正確で詳細な情報が必要な方は自分で原典を見ることをおすすめします。
posted by しまねこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新興・再興感染症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36667447
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック