2016年02月03日

ジカ熱の国内発生は有りうる?(メモ)

 ジカ熱はデング熱と同じフラビウイルス属であり、感染様式も似通っているとされる。また媒介する蚊も日本国内に生息するネッタイシマカであることから、一昨年のデング熱と同様のことが起こる可能性がある。

 すなわち、海外でジカ熱に感染した患者が国内で蚊に刺され、その蚊が他の人を刺すことでヒト〜蚊〜ヒト感染を引き起こすことが十分に考えられる。

 防疫関係者はデング熱の後には同じ蚊媒介感染症のチクングニア熱が国内侵入する可能性を考えて、警戒していたようだが、ジカ熱はノーマークだったかもしれない。しかし、ジカ熱の流行が報道されてあまり間をおかずにジカ熱を4類感染症に指定すると発表されたのは、チクングニア熱を想定したシミュレーションが生かされたのかもしれない。
蚊媒介感染症予防指針(案)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/dl/dengue_fever_jichitai_20150428-02.pdf
(この項は、ブログ主の個人的な感想です。)
posted by しまねこ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 新興・再興感染症

ジカ熱についてのメモ

ヤブカ(Aedes)属の蚊によって媒介されるジカウイルスによる感染症である。ジカウイルスはデングウイルスと同じフラビウイルス科に属し、症状はデング熱に類似するが、それより軽い。

臨床症状・徴候
 潜伏期間は3~12日である。不顕性感染率は約80%とされている。過去の流行では詳細な症状の解析が少ない。2007年のミクロネシア連邦(ヤップ島)の流行では、発熱(38.5℃を超える高熱は比較的稀)、斑状丘疹性発疹、関節痛・関節炎、結膜充血が半数以上の症例に認められ、筋肉痛・頭痛(45%)、後眼窩痛(39%)というものであった。その他にめまい、下痢、腹痛、嘔吐、便秘、食欲不振などをきたす場合もある。しかし、ポリネシア連邦やブラジルの流行では、ギラン・バレー症候群や神経症状を認める症例が報告され、ブラジルでは妊婦がジカウイルスに感染することで胎児が感染し、小頭症児が多発している。胎児が小頭症と確認された妊婦の羊水からジカウイルスRNAが検出され、小頭症で死亡した新生児の脳の病理組織からもウイルスが検出されている。ジカ熱そのもので健康な成人が死に至ることは稀であるが、基礎疾患があり免疫力が低下している場合は死に至ることもある。

病原診断
 デング熱と比べて軽症である。通常は4〜7日間症状が持続する。実験室診断はPCRによるジカウイルス遺伝子(RNA)検出、IgM抗体検査やペア血清による中和抗体検査など、血清学的診断を行う。臨床的にはデング熱、チクングニア熱と症状が類似しているため実験室診断が必須であるが、デングウイルスとは近縁であり血清学的には交差反応が認められる。黄熱ウイルス、日本脳炎ウイルス、マレーバレー脳炎ウイルスなどのその他のフラビウイルスとの交差反応もあるので診断には抗体価の比較が必要である。
http://www.nih.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/6224-zika-fever-info.html
 (国立感染症研究所サイトより抜粋)
posted by しまねこ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 新興・再興感染症