1996年07月04日

病原性大腸菌O157による食中毒

 5月以来、日本各地で腸管出血性大腸菌O(オー)157による食中毒が発生していたが、7月11日には大阪府堺市の小学生を中心に7月24日現在、6400人を超える患者が発生し、全国の患者は1都2府39県で累計8500名を超えた。(死者5名)

続きを読む
posted by しまねこ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 新興・再興感染症